税金関係の問題を解決するためには税理士への依頼が必要

税の専門家

身近な税の相談者へ聞いてみよう

皆さんは、税理士について、ご存知でしょうか。税理士資格は、国家資格でありますので、士業サービスという分野になります。今回は、この税理士業について紹介したいと思います。最近の職業の流行で、「士業」、と呼ばれる職業があります。作業療法士・介護士・美容師など、医療福祉や理美容の分野でも、「士業」の方はいます。では税理士になると、どんなことに役立つ資格でしょう。まず国家資格であることから、各種税金の徴収に際して代行ができるのです。平成15年から、相続税などの徴収方法がかわり、一般の人でも税理士に関わることがあるでしょう。かんたんに言うと、一戸建ての家屋や、広めの土地を譲りうけた人は納税の可能性があります。なのでお近くの、税理士に相談されることをお奨めします。

よろず相談の聞き役には、まずは税理士を知ろう。

最近では消費税が、5%から8%に増えただけで、暮らし方がかわりました。国家資格である、税理士は税の専門家でしょう。イメージとしては、税金を支払うという、嫌な専門家かも知れません。実際のお仕事は、人へのサービスをする、よろず相談も引き受けられます。この資格でなければ、一般の方の、税相談は難しい所となるでしょう。数字に強いようなイメージがありますが、税相談を先延ばしにすることで、税の滞納分が課せられることがあります。皆さんのお近くに、〇〇税理士事務所と、いう看板が国家資格保有の目印になります。ちなみに、相談料金は、報酬制をとる所がほとんどなので、まずは相談してみましょう。びっくりする話しですが、いきなり国税局の職員が家に来るより良いでしょう。