税金関係の問題を解決するためには税理士への依頼が必要

受け継ぐことができる

現在の相続の傾向について紹介します

相続とは私たちが生きている上で獲得した財産等の様々な権利や義務を他の人が受け継ぐことです。一般的には死亡を原因とする場合が多いですが、死亡が原因でない生前相続制度もあります。 近年、格差社会が社会問題として取り上げられることから明らかなように、富の再分配を図る一環として相続税の基礎控除が引き下げられたり税率の見直し等を行う改正税制が平成27年1月1日より施行しています。例えば基礎控除引き下げにより課税対象が増加することとなり相続税の申告を必要とする場合が増加すると予想されます。また継承財産が多い場合には課税資産の増加と税率引き上げにより二重での課税負担となります。一方で未成年者・障害者控除の引き下げ等、税負担の軽減も図られています。

税申告を相談できる相手は色々います

基礎控除の引き下げによりこれまで相続税申告に必要のなかった場合でも今後は対象となる可能性があります。継承可能な権利や財産は様々なので、専門とする業者に相談することが多くなります。代表的な専門業者として税理士、弁護士、司法書士が挙げられます。 税理士は文字通り税制の専門家ですから相続税の申告の際に相談することが一般的です。ただし、相続税の申告の必要な事案は相当額の財産の場合に限られますので相談の必要のない場合も多いようです。 弁護士は主に相続人同士が争っている場合の調停等の司法手続きの際の代理人として相談することが一般的です。 司法書士は不動産の名義変更の依頼の際に相談することが一般的であり、相続の際の多くが不動産である現在、最も相談することが多いでしょう。